背中を見せる

わが子の成長記録をつづっていたら、いつの間にか自分のダイエット日記に変わってる(笑)そんなゆるいブログをちまちま更新中です(・∀・)b

  スポンサーリンク

健康

脳ドックとは

スポンサーリンク

低炭水化物・糖質制限ダイエットランキング 人気ブログランキングへ

脳ドックって聞いたことありますが、じゃあ具体的にはどんな検査なのッて言われると脳を調べる検査という漠然としたイメージしかありませんでしたが、生島ヒロシさんと順天堂医院の天野篤院長の番組で調度紹介されていましたのでまとめてみました。

脳ドックの主な検査項目

■MRI検査
脳全体を断面で撮影する検査

■MIA検査
脳の血管のみを撮影する検査

■頸動脈超音波検査
首の動脈血管内を映し出す検査

ということで、これは脳そのもの意外に脳の血管や首の血管の検査のウエイトが高そうですね。

脳ドックで分かる病気

■くも膜下出血
脳動脈瘤が突然破裂し、脳の表面で出血する病気

■脳梗塞
脳の血管が詰まり、脳の細胞が障害を受ける病気

脳といえば認知症も心配ですが、認知症についてもわかるのかどうかについては、脳の動脈硬化から起こる認知症は早期発見の可能性があります。

気になるけどどんな人が受けたらいいのって気になりますね。

脳ドックを受けたほうがいい方

■家族の中で脳血管疾患の治療歴がある方

■小さいころにてんかん発作を起こした

■小さいころに脳に大きな衝撃を受けた

■動脈硬化体質の人
具体的には、
・糖尿病
・高血圧
・高コレステロール
といった懸念がある方

脳ドックの必要性

上記に該当する人にとっては、脳のトラブルを未然に防ぐ効果としては脳ドックは非常に大きいといえるので必要性がありますね。

実際に会社の健康診断で精密検査を勧められた場合、どこで受けたらいいかなどわからない場合は、こういったサービスもあります。
 ↓

気になる費用、値段の相場、全国の検査機関などがわかりやすい!
竹中平蔵さんが経営顧問されてます。

特徴としては、
困った時に気軽に問合せできるコンシェルジュデスクが365日対応しています。( ̄ー ̄)

あとTポイントがたまるというのも実際にこのサービスで探す方にとってはうれしいです。

スポンサーリンク

さて、昨日の夕飯です。

ゆで卵3個w

前日に常温に出すのを忘れてしまいました(*´Д`)

このため沸騰してからそうっと入れたのですが、割れてしまったようです。

結果、殻がうまく向けず(≧◇≦)

やっぱり茹でる前に十分常温に戻すのって大事ですね。(*´Д`)
とはいえ、中身はやや半熟気味で美味しそう。

ゆで卵3個でも結構おなかが満たされました。
当分はこの分量で行こうと思います。( ̄ー ̄)

結果です。

体重は61.80
対前日:-0.65
対スタート時:-3.25

スポンサーリンク

-健康
-, ,