背中を見せる

わが子の成長記録をつづっていたら、いつの間にか自分のダイエット日記に変わってる(笑)そんなゆるいブログをちまちま更新中です(・∀・)b

  スポンサーリンク

健康

長時間椅子に座っていても疲れない方法

スポンサーリンク

椅子に長時間座るのに楽な姿勢をイメージしてくださいといわれたときにどんな姿勢を想像しますか?

デスクワークで長時間仕事をしていると、多くの場合頭は前のめりになるのに腰は背もたれ側に傾いて背中全体が丸くなっています。
この状態は、お尻だけで体全体を支えることになり楽なようで実は楽ではありません。その証拠に、こういった姿勢を長時間続けるとバランスが悪いので時折背筋を伸ばしたりします。

長い時間座って疲れたときに、一瞬立ち上がると体が楽になるという経験はありますよね。

あれは、実は座っているときに正しい姿勢でないという現われなんです。

では但し姿勢とはどういったものなのか?

ボディーワーカーの藤本靖さんによると、お尻だけではなく両足とお尻の3点でバランスよく座るのがよいそうです。

具体的には、椅子に座った状態で、上半身だけ前のほうに倒して頭をヒザのほうに傾けます。その状態から反動を使わずに体を起こすと3点でバランスよく座った状態になれます。

実はこの姿勢、はたから見るととても良い姿勢に見えます。
一見背筋をピンと伸ばして座る姿勢は疲れそうに感じますが、逆にこの方がバランスよく座っているので長時間でも疲れにくい楽な姿勢なんですね。

こういった目からウロコの疲れない身体の話が藤本靖先生の満載の本


「疲れない身体」をいっきに手に入れる本 目・耳・口・鼻の使い方を変えるだけで身体の芯から楽になる! (講談社+α文庫)

時折紐解いては思い出すように自分でもやっています。

スポンサーリンク

さて昨日の夕飯です。


おくら入りチーズ、キャベツと厚揚げ

マヨネーズが大好きなのでたっぷりかけていただきました。
マヨネーズはほぼ糖質ゼロなので糖質制限上はいくらでも食べてオッケーです。
それを知る前は高カロリーだからダイエットにはよくないと思っていましたので知ったときには世界観が変ったと感じたほど私にとっては衝撃的でした。

これを嫁さんに話してもすぐには信じてもらえなかったので、最初は私がマヨネーズをたっぷりかけるのを見て「かけすぎ~~」といっていたのですが、体重が一向に増えないのを見て今では何も言いません。

納得はしないけれどしょうがないなぁと思っているのかもしれません。

結果です。

体重は61.30
対前日:+0.30
対スタート時:-3.75

84歳のオノ・ヨーコさんが認知症にかかったという記事が週刊新潮に掲載されていました。
調度今ポールマッカートニーさんが来日公演中ですが、ビートルズに人気は相変わらずですね。
私もたまーに聞きたくなる衝動にかかれます。ポールさんは確か74歳。オノヨーコサンより10歳ほど若かったんですねぇ。私がそのくらいまで長生きできてもパワフルでいられるようにがんばりたいです。

非常にたくさんの糖尿病患者さんから支持されている『【荒木式】糖尿病改善プログラム』をこちらで紹介しています。

糖尿病 食事

糖質制限や子育てブログ情報はこちらもどうぞ。
↓ ↓ヾ(>▽<)
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ

スポンサーリンク

-健康
-, ,