背中を見せる

わが子の成長記録をつづっていたら、いつの間にか自分のダイエット日記に変わってる(笑)そんなゆるいブログをちまちま更新中です(・∀・)b

  スポンサーリンク

雑学

脳ドック

2018/09/23

スポンサーリンク

血圧が高いんだよなぁ~という高血圧症に伴う漠然とした不安がある方は、自分と同世代の有名人が脳梗塞やくも膜下出血で倒れたというニュースを耳にするとドキッとしますよね。

脳は大事な脳みその他に無数の大小の血管が集中した場所で、病気になると重症化する可能性が高く、かつ、幸い病気が治っても後遺症が残るリスクが高いといわれます。

それだけに、早期発見、発症前の検査がとても大切です。

特にメタボの方、血糖値の高い方、高血圧の方は、脳血管疾患のリスクが高いといわれますから専門医による検査を定期的に行うのが理想です。

読売新聞のニュースでも、厚生労働省が掲げた健康日本21の途中結果は目標未達で、メタボは減るどころか増加傾向にあります。

平成15年度は予備軍も含めると1400万人以上となっていました。

自分だけじゃないからまあいいか、ってスルーしたくなりますが、実際に自分の身に脳血管疾患が降りかかってしまったら他人事ではすみません。
事、脳に関しては、年一回受ける生活習慣病予防健診では見てもらえません。

脳ドックとは主にMR検査ですが、

脳の血管の微細な状態をみるMRA

脳の全体像をみるMRI

の2つがあります。

いずれもCT検査のようなX線を使わないので被爆のリスクがありませんし、縦横斜めといろいろな角度の映像で細部の部位まで検査できるので、CT検査ではわからない小さな腫瘍や梗塞、脳動脈瘤や血管の異常を発見できます。

中には、自腹を切っても一度脳ドックで検査してもらおうかという方もいらっしゃると思いますが、具体的にどこが安心して受けられるのかというと漠然としていてわからないですよね。

そんな時、人間ドックはもちろん、脳ドックやがん検診のポータルサイトが役立ちます。
   ↓

頻度や健保の費用の補助の利用方法など検診に関係する問い合わせもコンシェルジュサービスが利用可能です。

受信された有名人の方のインタビューも見れたり、どの年代が受けているのかも情報も参考になります。
どのくらい費用がかかるのかも気になりますよね。かかったらかかっただけの精密な検査が可能ですが、お財布事情に応じて選べます。
ネット上で簡単に検索、予約も可能で、受診するとTポイントがもらえるのもちょっと嬉しいです。

[人間ドック] ブログ村キーワード

スポンサーリンク

さて、昨日の朝食です。


昨日に続きランチパックメンチカツ♪

昼食はわかめサラダ


あと、冷凍しておいたランチパックの桔梗信玄餅風味♪
業務スーパーで100円ほどで安売りしてたので買いました。あと一個あります。

夜ごはんは餃子とシュウマイ。


炭水化物ですが・・・はは(*´Д`)

結果です。

体重は63.30
対前日:+1.05
対スタート時:-1.75

3連休初日で予想以上にオーバー気味
まぁ、それでも週明けの平日で戻せる手ごたえあるのでそれほど心配はしていませんが、でも1キロ超オーバーは予想以上だったのでプチびっくりしました。(*´Д`)

読んでいただき感謝~~。
良かったら応援クリックをお願い致します。(*´ω`*)
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ


 

スポンサーリンク

-雑学
-,