背中を見せる

わが子の成長記録をつづっていたら、いつの間にか自分のダイエット日記に変わってる(笑)そんなゆるいブログをちまちま更新中です(・∀・)b

  スポンサーリンク

生活

就寝中 エアコン

スポンサーリンク

猛暑の今年の夏。

もちろん日中のこまめな水分補給や紫外線対策は熱中症や日焼け対策には必須ですよねぇ。
でも、意外と夜眠っているときのエアコンをどうしてるのかっていうのは人それぞれなのでは?

意外と多そうなのが、極力エアコン使わない派

私もそうですが、自然の風。これが一番って思ってしまいます。
ところが、さすがに今年のように夜中でも30度前後の気温で湿度も高いとなると危険ですね。

あるいは、タワーマンションなどの高層住宅だと開けたくても窓が開けられないという住環境の方もいらっしゃいますよね。
窓を閉め切ると夏場は高温多湿状態に室内がなり、より脱水症状を起こしやすく熱中症リスクが増えるといいます。

ということで、就寝中のエアコンがおすすめというのはわかります。
ただ、エアコンつけっぱなしだと朝逆に体が冷えて体調を崩したってことないですか?

私も漠然とそんな不安があったので、
夜のエアコンつけっぱなしは良くないと何となく思っていました。

ところが、今朝のラジオで就寝中のエアコンつけっぱなしの紹介がありました。
具体的な話だったので書いて置きますね。

それは、

エアコン設定温度:27~29℃

手足を布団の外に出して寝る。

お腹は布団をかぶせて冷やさない。

体が冷えるときは放射熱というのが出るんですが、それが手足から。
だから手足は外に出しておくと熱が出やすい。
逆にお腹は消化器官や免疫細胞が集中する大事な部分。ここが冷えると代謝が落ちてよくないとか。

意外だったのが、冷房か除湿(ドライ)の違い
冷房は温度調整機能があるが、除湿(ドライ)はない。(高額なエアコンなどの一部のエアコンは除く)

暑さ対策というとエアコンの設定温度にばかり気が行ってしまいそうですが、より一歩踏み込んだ対策をすると夏バテになりにくくなるかもしれませんね。

スポンサーリンク

さて、昨日の朝食(昼はなし、夕飯はゆで卵1個)

納豆ご飯、ハムエッグ、ところてん、ヨーグルト、グレープフルーツ、ブラックコーヒー

そういえば、会社でも、お昼は冷やし麺的な夏らしいメニューをとってる方がちらほら。普段食べる方でも朝や昼は若干夏バテ気味で食欲減退するのかなぁって思ったりも。

結果です。

体重は61.45
対前日:-1.25
対スタート時:-3.70

読んでいただき感謝~~。
良かったら応援クリックをお願い致します。(*´ω`*)
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ


スポンサーリンク

-生活
-, ,