背中を見せる

わが子の成長記録をつづっていたら、いつの間にか自分のダイエット日記に変わってる(笑)そんなゆるいブログをちまちま更新中です(・∀・)b

  スポンサーリンク

健康

健康診断の再検査費用を見てびっくり

スポンサーリンク

昨日は、会社を休んで健康診断の再検査でした。

病院は、松戸の千葉西総合病院。
前回の2017年の再検査もここでやってもらいました。

気になる結果はこの部分

 

今回の検査場所も同じ胸部XPの部分でE判定。
つまり精密検査要す・・・

(両)下肺野・結節陰影

前回は、X線写真だとわかりずらいけど、問題なし。
なので、今回わざわざ再検査しなくてもいいかなと思ったんですが、今回「(両)」がついていたので何となく気になって受けることにしました。

受付したら、「心電図の方も検査しましょうか?」
といわれたので、ちょっと迷いましたが、まあせっかくだから受けとくかぁ~と心電図の方も見てもらうことにしました。(実は、心電図やエコー検査など結構費用がかかる検査が多いんですよね)

こちらについての献身の結果は

心電図はRSR` パターン、ST上昇

でした。つまりC評価。要経過観察なので精密検査しなくてもいいかもレベル

再検査で見落としがちなのが、紹介状です。
総合病院の初診で紹介状がないと、病院によってはいくらか初診料みたいなのがかかるんですが、千葉西病院の場合、健康診断の再検査の場合、そういった費用はかからないのが助かります。通常は、健康診断で紹介状はもらえませんから、それだけで数千円かかるんですよね。

 

早めに終わらせたかったので、受付が開始される朝6時過ぎにもらいにいき、いったん帰宅。
そのあと、整理券をもって改めて診察開始時間の7時半に再度病院に行った際に、健康診断の再検査だとそれなしで受付してもらえると言いうことを教えてもらいました。
千葉西総合病院は施設がとってもきれいで広い。ちょっとしたショッピングモール気分に浸れます。

肺の方は内科の外来、心電図の方は循環器外来。
まず、内科の初診を受けて、循環器外来の初診、そのあとで、血液検査、X線検査、CT、心電図、エコー検査、内科外来の総評、最後に循環器外来の総評
という順番になるとのこと。
その際に、専用のクリアファイルに関係書類を入れて、各場所の受付にあるトレーにそのクリアファイルを置いておくと、病院の方が見て対応をしてくれるというシステムです。前回は、これを知らず、ただ、その場所に行って椅子に座って待っているという愚を犯してしまい、2時間以上をボーとしているという失態があったので今回はキチンと行ったらまずファイルをトレーに置きました。

最初の診察では、持参した健康診断結果を見ながらこれからの診察のおおよその流れの説明を担当の医師から受けます。
内科、循環器内科ともにそれを受けて、あとは、血液検査や、CT、心電図、エコー検査を受けて総評待ちという流れ。

 

内科外来の総評では、以前受けた総評と同じでした。
CTの画像上、肺には全く異常はなし。
では、X線写真に写った謎の陰影はなんだったのか。

CT画像を右手のマウスをクリックしながら先生が注意深く私の目の前でモニターの画面を注視することしばし。

すると、

「あ~これですね」

といって、示された画像の部分ですが、体の外線上に、うっすらと濃くなった部分がありました。

「肺じゃなくて肋骨ですね。肋骨が硬くなったところです」

肋骨。
肺じゃなかった。( ゚Д゚)

気になったのが次回以降のこと。どうせまた同じ要精密検査が出るのでまた同じ検査を受けないといけないのか?あるいは同じなら必要ないのか?(できれば必要ないってことを先生から確認したかったのが本音ですが)
それを先生に聞くと、今後も同じ結果が出たら、ここ、千葉西総合病院なら過去の私のデータと付け合わせて、変わらなければ問題なし。だから、わざわざCTをとらなくてもX線だけの比較で大丈夫。とのこと。違う先生でもその旨伝えるといいですよとのことでした。

やっぱり受けた方がいいけれど、毎回CTは費用も時間もかかるので、それは無しでできそう。それに健康診断よりも専門医のチェックを毎回受けるというのは不測の病を早期発見できる機会を持つ意味でも決して無駄じゃないかなぁ~と思います。
そういう意味では、私が受けてる歯の歯石除去の治療と同じかなぁ~。

これですっきり。

次は、循環器内科の総評。
なぜか、内科よりも時間がかかって2時間ぐらいは待った感じ。肺よりも心臓の方が構造的に複雑だからかなぁ~。知らんけど。
その間、実は、動画サイトのHulu(最近加入しました⇒Hulu)で「プリズンブレイク」を見る予定だったんですが、すぐにバッテリー切れになってしまいました。予備のバッテリーを持っていたので、持参すればよかったです。そうすれば待ち時間が長いのは逆に好都合だったんですが。
そのかわり、周囲の患者さんの様子や病院で働く方々の様子など、普段の生活では見れない人間ウォッチをできたりしてそれはそれで無駄ではなかった感じ。

平日なので、患者さんはやっぱりお年寄りが圧倒的に多い。そして、意外にも、夫婦で来ていてこちらかが付き添いの場合の方が多いんですね。申し子ともされないからなのかなぁ~。自分がもう少し年取ったらどうだかなぁ~。嫁さんは運転しないから私が付きそうにしても、私が病院に行く場合は一人かなぁ~などと想像したりも。同じお年寄りというくくりでも、びっくりするぐらいにシャキッと歩かれるおじいさんや、長椅子に横に寝そべって熟睡しているお年寄りなど人によっていろいろだなぁ~と思ったり。
あと、病院なのでもちろん入院される患者さんもいますよね。近くで検査待ちのおじいさんが、看護婦さんから、年末に入院して、手術は1月になりますとか、持ち物は何が必要ですとか、いろいろ説明されている声が聞こえてきたりとか、不思議な空間でした。

そういえば、来年、岡田准一さんが主演の白い巨塔始まるんですよね。

多分見ます。

 

で、循環器内科の総評結果ですが、こちらも問題なし。
「RSR` パターン、ST上昇」という判定がどうしてされたかは推測ですが、何かの心電図に似てるとこれを判断した医師が診断したのかもしれませんねということのようです。

結局、朝6時過ぎに始まった再検査は、終わったのが夕方の4時過ぎ。

一日がかりでした。

そして会計。

前回、内科外来のみだったときは、6千円弱だったのでそれに循環器内科の分が加わるから1万円は用意しておかないとなと思いきや、なんと13,850円!


2つの診療で、それぞれ7000円弱と考えるとそんなものか。
健康に問題ないのを確認で来たので良しとせねば、とは思いましたが、予想外の出費にちょっとびっくりです。

ただ、次回からはCT不要にできそうだったり、心電図も同じ結果ならわざわざ再検査しなくてもいいかと思うので、そういう意味では意味のある検査だったと思います。
正直、心電図でA判定以外が出たのは初めてなので漠然とした不安があったのは確か。
早いうちに検査してよかったと時間がたった今は思います。

それにしても、自己負担は13,850円ですが、これ3割なんですよね。
ということは、総額だと4万円。

欧米に比べて医療費は安いといいつつも、決して手軽に払える金額ではありません。

再検査の他の方の記事はこちらから読めます。
 ↓
[再検査] ブログ村キーワード


スポンサーリンク

さて、金曜日の朝食です。


フジパンの大福みたいなホイップあんぱん。
これ食べたかったんですが、近くのスーパーになくてすっかり忘れていたんですが、前日に寄ったマルエツで発見。最後の一個でした。
帰宅帰りだともう売り切れてたんですね。
休みの日の日中だったら残ってるかな?
ただの甘いあんパンダと思ったら、めちゃくちゃ美味しかったんでまたリピしたいです。

夕方まで病院で検査だったので昼食は無しでした。
夕飯はビーフシチュー♪


お肉がほとんどなかったんですが、コクがあって旨い。
あと、私の手作りの白菜漬け。
こちらもなかなかの出来具合。
ただ、もうちょっと付けて発酵させた方がいいかなぁという感じ。
週末にはまた、新しい白菜を買いに行かないと。

サラダには、サバの水煮をほぐして載せました。そして、身がなくなった缶のスープにはオリーブオイルをたっぷり入れて飲みます。
これが果たして健康上いいのかどうかはわかりません。が、水煮自体に糖質はほとんどないし、なんとなくさばのエキスがしみこんでる感じなので。
塩分摂りすぎってのはありますが。

結果です。

体重は63.15
対前日:-0.70
対スタート時:-1.90

読んでいただき感謝~~。
良かったら応援クリックをお願い致します。(*´ω`*)
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ


 

スポンサーリンク

-健康
-, ,