背中を見せる

わが子の成長記録をつづっていたら、いつの間にか自分のダイエット日記に変わってる(笑)そんなゆるいブログをちまちま更新中です(・∀・)b

がん

前立腺がん

スポンサーリンク

医学ジャーナリストの松井宏夫さんの話をラジオで聞きました。

男性特有の癌 前立腺癌が増えてるんだそうです。

 

前立腺がんかぁ~~。

 

直近だと肺がん、次に胃がんの死亡者数が男性では多いのですが、近い将来、この前立腺がんが1位になるとも言われてるんだそうです。

前立腺がん 症状

厄介なのが症状がないこと。(+o+)

血尿とかおしっこが出にくいとかの症状が出てしまうともうがんがかなり進行している可能性があるのだそうです。

 

これを聞くとちょっと怖いなぁ~。

 

大体、前立腺がんになるのは50歳以降。

初期症状がないというと、気になるのが検査ですよね。

 

前立腺がん 治療

代表的なのがPSA検査で生検療法といって、6~20回針を刺して行うそうです。

なんだか痛そうですが・・・・・(*´Д`)

実際に前立腺がんにかかってしまった場合の治療法ですが、今は放射線治療がとても進化してるんだそうです。

 

放射線治療?

なんだか、副作用が怖いなぁ~。

髪の毛がごそっと抜けてしまったりとか・・・・

 

ところが、

こういった副作用の反面、手術よりは体への負担が少ないというメリットもあるんですね。

しかも放射線治療

IMRTといって、事前にどの部位にどれだけ照射すればいいのかを把握して、ピンポイントでがん細胞に照射できるんだそうです。

この方法だと、以前より格段に回数、時間、期間も少なく、かつ副作用のリスクも少ないのだそうです。

 

また、最新の医療だと前立腺と直腸の間にゲル状のものを挟み入れるハイドロゲルスペーサーという方法があり、これにより直腸に放射線が当たることを激減させる効果があるそうです。
このゲルは3か月ほどで体内に吸収され、かつ無害!
これは素晴らしい治療法です。

IMRTとハイドロゲルスペーサーを併用することで安全性がさらに高まるというのは何となくわかりますね。

前立腺がん 放射線 治療費

気になる治療費ですが、IMRTは転移でない場合は保険適用、ハイドロゲルスペーサーも現在は保険適用になったそうです。

照射回数や期間によって金額が決まるとのこと。

松井宏夫さんの話を聞いて、最初は前立腺がんって怖いなぁ~と思ったんですが、定期的に検査を受けることの大切さを知りましたし、万一かかってしまっても、早期なら有効な治療法が今はあり、費用もメチャクチャ高額という訳ではなさそうだと知ってちょっと安心しました。

安心して何もしない、というのは本末転倒ですが。(*´Д`)

 

放射線治療?手術か?についての生の声がわかるちょっと気になる本発見しました。



スポンサーリンク

さて、水曜日は毎週恒例の松戸二郎です(一日一食)

 

この日の二郎も完ぺきな出来栄えで、本当に美味しかったです。

それまでも美味しかったのですが、毎回さらに美味しさが増してるような感じに思えてくるのが怖いですね。

なんといっても、料理する一連の作業を行う際の店主の身のこなし方、表情、リズム、すべてに何か芸術作品を目の前で作っているかのような雰囲気が感じられ、その作品を実際に味わう素晴らしさを感じます。

ラーメンのことは全くの素人ですが、全身全霊をかけて少しでも美味しいラーメンを客に提供するぞ!という気を抜くことがない気迫のようなものを感じます。

あぁ~美味しかった。

結果です。

体重は60.50
対前日:-1.05
対スタート時:-4.55

二郎に行って1キロ以上減。

一日一食効果おそるべし。

読んでいただき感謝~~。
良かったら応援クリックをお願い致します。(*´ω`*)
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ


スポンサーリンク

-がん
-, ,