背中を見せる

わが子の成長記録をつづっていたら、いつの間にか自分のダイエット日記に変わってる(笑)そんなゆるいブログをちまちま更新中です(・∀・)b

  スポンサーリンク

日記

姨捨駅 夜景

2016/04/04

スポンサーリンク

いつも読んでいただきまして、有難うございます。ヾ(>▽<)
クリックも感謝~~ヾ(>▽<)
↓ ↓
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

では今日も行きますよ~~

 

予想以上にたどり着くまでにバタバタしましたが、ようやく無事下車できました。

20160326_185238

降りる以前から車窓からは眼下に輝く夜景が木々の間から見え隠れしていましたが、降りてみるとまた違いました。

 

夜景のために設置されたと思われる、ホームからちょっとせり出した半円形のスポットからの撮影です。

20160326_185201
足元から夜景の間には山があるので真っ暗闇。
その奥から続く黒い闇に輝く夜景が天体の星のように輝いていました。

この、明りの一つ一つは、こうして夜景として見られることを意識されて輝いているわけではないですよね。
いわば、勝手に輝いてる。
そこにわざとらしくない自然な何かを感じてよけいに美しく思えてきます。

 

調度、天然ものの野鳥が、動物園で檻の中にいる鳥よりも貴重に感じるのと似ています。
こうした夜景だと、遠くに時折列車の通過するガタンゴトンという音が聞こえたりするものですが、自分がいるのはまさに線路上。
駅ホームからこんな絶景が見れる場所は確かにそう多くはないなぁと改めて感動します。

20160326_185215

角度をほんの少し変えただけでまた違った見え方がしますね。
こうして目の前に広がる夜景はおそらくこの瞬間だけの表情で、明日の夜はほんの少しだけ違った景色なんだろうなぁ。

 

ホームからせり出したさっきまでいた場所です。

20160326_185503

夜だと足元が真っ暗なのでこうしてみると空中に浮いたように見えるので幻想的です。

 

線路を挟んだ山側のホームから先ほどまでいたホーム側を写した映像。
が、ちょっとピンボケしてしまいました。・・・

20160326_185744
残念。

 

この夜景ですが、日本三大車窓というように、
ホームから見るのもよいですが、やはり列車に乗った状態で窓越しに見る夜景。
これはもっともっと素敵でした。
目の前に広がる夜景がこくこくと表情を変える様子はロマンチックというよりも不思議な世界に自分がいるような感覚です。
残念ながらがそうには取れませんので、機会があったらぜひ目で確認してみてくださいね。

ということで、本来であれば姨捨ネタはこれでおしまいなんですが、
もう一つどうしても書いておきたいネタがありました。
それが、姨捨駅のありえない事実です。

長くなったのでそれは次回に書きます。⇒姨捨駅 入場券

スポンサーリンク

-日記
-, ,