背中を見せる

わが子の成長記録をつづっていたら、いつの間にか自分のダイエット日記に変わってる(笑)そんなゆるいブログをちまちま更新中です(・∀・)b

  スポンサーリンク

グルメ

口角を上げただけで風を切って歩けなくなった

2018/08/26

スポンサーリンク

低炭水化物・糖質制限ダイエットランキング 人気ブログランキングへ

手を開いて指を伸ばすと副交感神経が活発になる。これを怒りを感じたときにすると怒りが収まる。これを順天堂の小林弘幸先生の本で読み、実際に日常でイラット来たり、カッチン来たときに試したら本当に効果を実感しました。

まるで椅子に座ったときに、膝をとんかちでたたくと意志とは別にぴょこんとはねてしまうあの間隔と似ています。

これに味をしめたのか、別の自律神経のバランスを安定させる方法が先の本で紹介されていました。
それは、

口角を上げただけで副交感神経が活発になる

ということ。
口角が上がるのは笑顔になったとき。通常は嬉しいこと、楽しいことがあった結果として口角が上がります。しかし、今回はその逆で、何も楽しいこと、嬉しいことが無いのに口角を上げるわけです。

始める前は全く予想していませんでしたが、半信半疑で繰り返すうちに、体の内側に不思議な変化のようなものを感じた様な気がしました。私は歩くのが早いほうだと思います。なので道を歩いていて自分より歩くのが遅い人が前を歩いていて進行方向を塞いでいる気がすると、イラッと来て、強引に追い抜こうとすることがよくあります。歩いていると、楽しいことよりもイライラすることの方が多いように感じていました。ところが、口角を意識してあげていると、普段イラットしそうなシチュエーションになっても、イラッとできなくなるというか、そうしようとするのが面倒になるんです。場違いというか、ネガティブな行動をしようとすることに激しい違和感を感じるんです。

それよりも、自分の前を歩く人が邪魔にならなくなるまでゆっくり待つほうがとても自然に感じました。こんな調子で、口角を上げると人にやさしくなるのが自然になる感じです。
まだ、最初なので意識的に口角を上げていますが、いつか、無意識でも口角が上がるのが普通の顔になり人に優しくなれることを目指そうと思います。

スポンサーリンク
昨日は久しぶりに二郎に行きました。
松戸です。

いつもだと開店40分前に行くと一番乗りでしたが、今回は既に3人待っていてちょっとビックリしました。私は4番目。でも最初のグループに滑り込めたのでほっとしました。2番目以降だと仕事に間に合うかどうか微妙なんですね。
今回も小にするか小豚にするか迷ったのですが、安全を見込んで小にしておきました。

入店後10分ほどで着丼。

いつもの野菜ましましです。
麺やチャーシューが全く見えないこの野菜の大盛には毎回感動します。

今回いただいて、チャーシューよりもスープが濃いことに気づきました。でもチャーシューもしっかり味が染みていて柔らかく食べやすく、ほろほろと崩れます。
途中でお店専用の七味をたっぷりかけたら食欲が増しました。

美味しい~~。でも腹12分目でしょうか。店を出ると歩きずらい。小豚にしなくてよかった。

でも明日になったまた食べたくなるんだろうなぁ。

結果です。

体重は61.95
対前日:+1.15
対スタート時:-3.10

さすが二郎。体重は正直ですね。

秋田の美味しいお米。久しぶりに食べたくなりましたぁ。
あきたこまち15kg  (株)JAあきた北ライフサービス 

  こちらで見つけました。
  ↓

スポンサーリンク

-グルメ