背中を見せる

わが子の成長記録をつづっていたら、いつの間にか自分のダイエット日記に変わってる(笑)そんなゆるいブログをちまちま更新中です(・∀・)b

  スポンサーリンク

糖質制限 危険

インスリンはブドウ糖をエネルギーとして使用する

スポンサーリンク

いつも読んでいただきまして、有難うございます。ブログランキング参加中です。よろしければ応援クリックお願いしますヾ(>▽<)
↓ ↓
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ

スポンサーリンク
炭水化物を食べると炭水化物の中の糖質が血糖値をあげますね。
するとそれを下げようとしてインスリンが分泌される。でそれによって血糖値が下がる。

これはちょっと糖質制限をかじったことがある方だとよくご存知ですね。

ところが、この

インスリンが分泌されて血糖値が下がる

これは視点を変えると、

インスリンがブドウ糖をエネルギーとして消費するということにもなるんだそうです。
(微妙な医学的な説明としてあっているかはわかりません)

そう考えると、消費されるから少なくなって血糖値が下がるというのが理解できました(・∀・)

さらに、
インスリンが分泌されないとどうなるかというメカニズムも以前よりもすっきり腹落ちしました。

つまり、
血糖値があがる(ブドウ糖が増える)

インスリンが分泌されない

血糖値が消費されない

高血糖値の状態になる

だから糖尿病というのか。

そして、高血糖だと脱水にもなるんですね。なぜなら高血糖になると尿にもブドウ糖がたくさん出るわけで、そうするとたぶん浸透圧みたいな理由で体の水分が尿に持ってかれちゃうから脱水になる。

あと、インスリンがブドウ糖を消費することでエネルギーが発生するんですが、逆に消費できなくなると別の形でエネルギーを発生させないといけない、これはなんとなくわかります。
ここで別の形とはケトン体なんですね。

血液中の水分が脱水になってケトン体が濃くなると血液が酸性になるそうです。

これが糖尿病性ケトアシドーシスをいわれるものです。

つまり糖質制限によるケトン体の発生とはもともとが違う。

ケトン体が出るという点では同じですが、一方は高血糖でもう一方は高血糖ではない。

糖尿病性ケトアシドーシスの問題なのはケトン体ではなくてブドウ糖というのがポイントでした。
糖質制限は危険という間違った情報があるのはこの辺の違いを混同して判断されてる場合かと思いますよ~。

さて、昨日の夕飯です。

クリームシチュー

大好物ですがこれは炭水化物がたっぷり・・・・
具体的にはシチューものと、人参、じゃがいも。

この辺は野菜たっぷりだから大丈夫って思ってるのかなぁ。嫁さん的には。
うるさく言うともう作ってあげないってヘソ曲げられそうなので、こういうときは日ごろプチ糖質ダイエットをしている私へのご褒美だと思ってありがたくいただくことにしています。

そして、最近どんどん食べる量が増えているクリームチーズ。


これだけとっても全然いけちゃうのがすごいです。
まるで、食べてるそばから消化されちゃってるみたいです。

後は豆腐とコールスロー。

この日は炭水化物もたっぷりですが、脂質とたんぱく質もめちゃくちゃたっぷり摂らせて頂きました。

結果です。

体重は61.30
対前日:-0.60
対スタート時:-3.75

腕立て伏せは96回まできました。

スポンサーリンク

-糖質制限 危険
-, ,