背中を見せる

わが子の成長記録をつづっていたら、いつの間にか自分のダイエット日記に変わってる(笑)そんなゆるいブログをちまちま更新中です(・∀・)b

糖質制限 炭水化物

糖質制限の誤解

スポンサーリンク

いつも読んでいただきまして、有難うございます。<(_ _)>クリックも感謝~ヾ(>▽<)
↓ ↓
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ

スポンサーリンク

職場で話の流れで糖質制限してると言ったら、
え~だめだよそんなのにだまされちゃー的な感じで説得されそうになった経験があります。

あ~~まだ糖質制限って認知度低かったのね・・・・_| ̄|○

ということで、自分からは言わないように意識しています(; ・`д・´)

私自身も最初に知ったときには、大丈夫か?ほんとにできるのかって半信半疑でしたが。
いまだにこのネーミングが良くないのかも。つまり「制限」という言葉。何かを我慢する感がめちゃくちゃありそうですからね。

あと、もう一つ誤解されたのが、制限って言ってるのに食べないと思われたこと。
糖質を食べないんじゃなくて食べすぎを避けるということなので、ご飯やパンやスイーツもフツーに食べてるわけです。人間ってどうしても極端に考えたがるところってありますから。イエスかノーか、はっきりしたほうが分かりやすいし、どっちとも取れそうなグレーな話ってちょっと避けてたくて半ば強引にどちらかに持って行きたくなるものわかります。

糖質制限をしていくと、ここの食べ物の糖質含有量(実際には炭水化物の量で判断することが多いと思いますが)が気になりますが、気にしていなかったときはいかに糖質摂取量が多かったのかがわかりますね。
なので何も考えずに食べることから、これは炭水化物どのくらいあるのかなぁと食べる、あるいは選ぶ前に立ち止まって考えることは糖質制限の第一歩かないかと思います。

で、食べる時は覚悟を持って食べたりw
調度お酒が弱い人が、お酒を飲む時に酒量を考えて飲みすぎをしないように気をつけるのと似ています。いいとか悪いとかではなくて、過ぎるを控える、みたいな。お偉い方が「足るを知る」をおっしゃっていましたが、意味は違いますがちょっと似ていますね。

ダイエットとか健康とか興味があるけれど、ごはんやパン、ラーメンとか甘いもの好きだから無理そう、という知人に相談されたら、好きなものを我慢する必要はないよ。その代わり他のものを食べないようにしたり、いつ食べるかを考えるようにすればできるよってたぶんアドバイスすると思います。

昨日の夕飯です。
img_20161107_190749

久しぶりのオムレツ、そしてごぼうサラダと豆腐。あとアーモンドをたっぷり
オムレツはケチャップをつける代わりにオリーブオイルをたっぷりかけて食べました。素材そのものの味だけでもしっかり味わえるのでケチャップじゃなくても大丈夫です。
で、豚さんやニワトリさん、大豆のことなんかを想像しながら味わったりも。目の前の食材を通して作られた情景に思いをはせると食事もゆったりしますのでダイエットや健康目線でもいいんじゃないかと。

結果です

体重は60.60
対前日:-0.45
対スタート時:-4.45

ちょっとがんばった感じ。でも50キロ台が更に遠のいた感じですΣ(´Д`;)
朝夕の腕立て伏せは49回。上半身の筋肉がついてきたのも体重が落ちにくいことと関係あるかもです。自分の適正体重がまだよく分からないので意味無く不安になるのはやめて淡々と継続します。

スポンサーリンク

-糖質制限 炭水化物
-,