背中を見せる

わが子の成長記録をつづっていたら、いつの間にか自分のダイエット日記に変わってる(笑)そんなゆるいブログをちまちま更新中です(・∀・)b

糖質制限 炭水化物

炭水化物抜きのダイエットは危険

スポンサーリンク

糖質という言葉は、栄養やダイエットに余り関心がない方だとぴんと来ないかもしれません。なので炭水化物という表現をあえて使ってしまう場合もありますね。

炭水化物=糖質+食物繊維

なので、ほぼ糖質とイコールな訳なので。

ということで、私も糖質制限していると周囲から炭水化物取らないのもどうかと思うんだけど。そういうことをやんわり言われることもあります。

これは、3大栄養素といわれる炭水化物を制限するのって健康によくないとか、ブドウ糖を摂らないと頭が働かないんじゃないかという意識から言われるのかなぁと思ったりします。

実は私も「なんとなく」不安でした。なにせ小さいころから炭水化物の代表であるご飯とかパンを「主食」と疑わずに毎日食べていたわけですから。
ところが、この糖質(ほぼ炭水化物)は食事から摂らなくても大丈夫なんだと知ってびっくりしました。
糖新生、というのですが、グリコーゲンや筋肉、脂肪などからブドウ糖を作ることが人間の身体にはできるんです。つまり、炭水化物を取らなくても血液中の血糖値が下がり続けることはなくて、下がるとこういった機能から勝手にブドウ糖が作られるんです。

考えてみたら、農耕生活を始める狩猟時代には肉とか魚とかたんぱく質メインの生活だったはずです。そういった時代でも生きてこれたのはこういったことが理由の一つなんだなぁとわかりました。ただ、まったく糖質をとらないでたんぱく質メインの食事を続けていると、糖質から脂肪を蓄えることができないので、いざ血糖値が下がった時に糖新生ができなくなってしまいます。筋肉からだと限界もありますし。

ということで、稲作を始めるようになって、将来血糖値が下がってもいざという時にブドウ糖を自力で生成することができる安心を得ることができたんですね。ただ、それが過剰だと糖尿病や血管障害といった病気に悩む可能性が増えてくるわけです。何事もバランスって大事です。

スポンサーリンク


といいつつ、昨日はたっぷり糖質摂取してしまいました(ノ≧∇≦)

嫁さんと息子が夕方嫁さんの実家で弟さんが来るので食事を済ませるから、それに間に合わないあんたは外で食べてねと1000円もらったんで、人気のラーメン屋さんに行ってきました(・∀・)

兎に角という松戸にある人気の油そばのお店です。
img_20161010_185805

よる6時過ぎに行きましたが、行列ができていました。大学が近いせいか、大学生と思しき若者が一杯でちょっと自分が浮いてる感じも・・・・
びっくりしたのは、お店の人も学生のような若い方。新人さんらしき男の子がベテランの先輩にいろいろ指導されていたり。カップルの方も多い。
とってもこぎれいでいわゆるラーメン屋というチープな雰囲気はありません。なんとなくいまどきのお店っぽい。

こちらが私がオーダーした油そば。大盛でネギ大目。あとチャーシュー一枚プラス。
img_20161010_184331

見た目はスープが全く見えませんが、かき混ぜるとちゃんとしたにありました。うわさどおり太麺で縮れ麺。

img_20161010_184411

見た目ちょっぴりジャンクな感じですが味はかつおだしがすごく利いていて和風な感じです。これで350グラムって思ってしまうほどさくっと食べれてしまいました。油そばが有名ですが、周りの方のオーダーを聞くとラーメンの方も多くて皆さん好みは分かれてる感じ。油そばだと好きなタイミングで割りスープをいただけます。

img_20161010_185214

このスープ。雷ラーメンのつけ麺の割りスープと全く違ってどろっとしています。更にかつおだしが効いてる感じで、これだけでもスープとしていただけます。

店を出た後の率直な感想。
思ったほどお腹にたまらない。これなら超大盛でも食べれそう。おしゃれな雰囲気なんで女性でも気軽に行ける感じ。

で結果です。

体重は59.20
対前日:+0.50
対スタート時:-5.85

朝夕の腕立て伏せは23回になりました。ちょっと後半がきつくなってきて果たして100までいけるのか。この調子だと無理、な感じですが一日1回プラス増でちまちまがんばりまーす。

スポンサーリンク

-糖質制限 炭水化物