背中を見せる

わが子の成長記録をつづっていたら、いつの間にか自分のダイエット日記に変わってる(笑)そんなゆるいブログをちまちま更新中です(・∀・)b

  スポンサーリンク

睡眠

葛西紀明選手の起床時間

スポンサーリンク

低炭水化物・糖質制限ダイエットランキング 人気ブログランキングへ

もうすぐ始まる平昌オリンピック

私の注目の選手は男子ジャンプの葛西紀明選手。

レジェンドといわれ、40台というアスリートとしては高年齢にもかかわらず、連続オリンピック出場と結果を残されてる方です。
現在葛西選手の書かれた最新の書籍を熟読中ですが、そこで葛西選手が起床時間を厳守されてるというくだりが。

オンの時だけでなく休日のオフの時も起きる時間はほぼ一定。厳守されてるそうです。
大半の方は私も含め、休みの日ぐらいはゆっくり寝ていたいと思ってそうしているかと思います。が一見楽だと思うこの行動はもしかしたら、体にとってはストレスなのかもなぁ~と最近思うようになりました。

なぜなら、変化というのは時にはいい刺激となりますが、その変化が体にストレスをもたらすことも多々あると思うからです。

私は人は基本変化を嫌い、不変を本能的に好む生き物だと思っています。
このため、長年継続してきた生活習慣を変えるというのはよほどの覚悟なあって初めて実現可能。生活を変えるには住む場所や人間関係を変える必要があるといいますが、今の生活環境を全く変えずに日常を気合で変えようとしても三日坊主で終わるのが関の山ですから。

良いと割れていてもいざ実行し、かつそれを継続するとなると覚悟がいりますね。
現在私も、休日であるなしにかかわらず起きる時間、起床時刻を同じにしようと取り組んでいます。平時は嫁さんが必ず5時に起きしてくれるので、安心ですが、休日となると嫁さんもいつもよりゆっくり寝ているので平日と同じ時間に起きるには私が自分で起きないとだめです。

そして、明日が休日。何としても5時に起きようと思いますが、その対策として、起きた時の具体的な行動プランを立てておこうと思います。
でないと、仮に起きれたとしても外の寒さに負けて二度寝してしまいそうなので。
朝起きて眠気が残るときはシャワーを洗って髪を濡らすと体がしゃきっとするというのを聞いたので、それをやってみようと思います。

スポンサーリンク

さて一昨日の夕飯です。
大好きな生姜焼き、ブロッコリーの炒め物、ポテトサラダ

結果です。

体重は62.80
対前日:+0.15
対スタート時:-2.25

スポンサーリンク

-睡眠
-, ,