背中を見せる

わが子の成長記録をつづっていたら、いつの間にか自分のダイエット日記に変わってる(笑)そんなゆるいブログをちまちま更新中です(・∀・)b

  スポンサーリンク

日記

神様だと思え

スポンサーリンク

記憶が正しければブッダだと思いますが、道を歩いていていきなり見ず知らずの人から殴られても、何事もなかったかのようにまた歩き出した、という話があったはずです。つまり、人の行動は自分ではどうすることも出来ないから、そういったことに頭を悩ませてはいけない。自分でコントロールできるもののみに意識を集中しなさいという教えがあります。
これを学んでからは、確かにその通りだと思い、そうできるように努めてきました。でも実際に生活していくうえで、イラッとすることはつきません。

例えば朝の通勤時の電車でのこと。入ろうとすると既に一杯の人が乗っているため、入り口付近に何とか乗り込む。次の駅で何人かが降車して、少し余裕ができる。でもすぐにまた新しい乗客が乗り込んでくる。そこまでは許せるが、ただでも込んでいるにもかかわらず、強引に車両の奥に割り込んで入り込もうとする人がいるとイラッとしたりします。
あるいは狭い道を歩いていて、反対側から二人ずれで並んでこちらに近づいてくる人がいて、横に並ばれるとこちらが通れないにもかかわらず、相変わらず横になって歩き続けてくる人がいると、イラッとします。

こういった些細なことで何なんだコイツは!と思いたくなる瞬間は必ずあります。以前よりは感情て気になる度合いが薄れたとはいえ、決してなくならない。いつまでたってもなれない不快感があって、漠然とですが、何とかやり過ごせないかなぁと思っていました。

ところが、最近、ちょっと効果的な方法を思いつきました。いつ、何がきっかけで思いついたのかは思い出せません。その方法というのが、

他人を神様だと思え。

ということです。
イラッと来る人。正確には、いらっときそうだと思った人がいたら、その人は神様だ、と思う。そうするとなぜか怒りが出にくいことに気がつきました。

後付けで何でだろうと思ったんですが、それは性悪説から性善説に思考を変える魔法の言葉だからというのが今の理由です。
もともと人は性悪に出来ていると無意識で思っていると、何か気に入らないことがあると「あ~やっぱり」って思ってまるで鬼の首を取ったみたいにあら捜しに成功した快感と、それを自分の日頃のストレス発散の好機だとばかりに、一気にイラッと怒りを爆発させる。しかし、性善説という視点に立てば、イラッと来そうな状況に遭遇したら、「あれ?なんでだろう?」という疑問がわいてきます。これは、自分が信頼する人が、日常生活でその信頼をちょっと裏切った時のような相手の行動に遭遇した時に、悪気があったわけじゃないんだと思って丸く治めようとする力が働くのとちょっと似ています。同じ間違いなのに、信頼する人がやると許せても、嫌いな人がすると攻撃したくなる、そんな心理です。

これを思いついてからは、イラッと来そうなときには、「あ、神様だ!」とまず思い、それでもいらっときそうな時は、「これは神様が自分を嫌な思いにするためにわざとそうしてるんだ」と思うようにしています。すると、なんだか神様が自分を試すためにやっているゲームのような気持ちになってイラッと来る感情が全面に出るタイミングを失ってしまうような感じになります。

まだ、使うのになれていませんが、今の私にはこの思考法がとっても効果的です。

スポンサーリンク

さて、今朝の朝食です。


いつもある納豆が無い。そして品数が多いw
たぶん、二日間夜飯なしでそのときのおかずを今日の朝食に出したんでしょうね。朝にてんこ盛りのサラダが出ることも普通はありませんから。
もしかしたら、夜ご飯入らないと私が言っても、直前におなかが減ったからやっぱり食べると言い出したときの事を考えて作り置きしてくれていたのかもしれません。

いずれにしてもいつもよりも豪華な朝食でした。

非常にたくさんの糖尿病患者さんから支持されている『【荒木式】糖尿病改善プログラム』をこちらで紹介しています。

糖尿病 食事

糖質制限や子育てブログ情報はこちらもどうぞ。
↓ ↓ヾ(>▽<)
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ

スポンサーリンク

-日記
-,